老眼サプリの効果を検証|老眼サプリおすすめランキング【最新版】

老眼予防サプリメントおすすめランキングベスト10|効果と価格で徹底比較

老眼になると照明の明るさが気になる?

コラム

老眼になると照明の明るさが気になる? どんな環境で予防したらいいのか

老眼と言えば手元が見えにくくなる症状が特徴ですが、老眼になった人の多くが明るさが気になると言います。

これまで見えていたものの、夕方明かりが暗くなると見えにくさを感じるようになるようです。逆に眩しさも感じやすくなるようですが、どんな環境の中で生活するのがいいのでしょうか。予防策も合わせてご紹介していきます。

 

老眼と照明の明るさの関係

老眼と照明の明るさの関係

夕方になって辺りが暗くなってくると物が見えにくくなると訴える方がいます。老眼の症状が出ている方の多くが感じているようで、車の運転に不安を覚えたり、道を歩くのにも歩きにくさを感じると言います。

例えば明るいところから急に暗い場所に行ったとき、目が慣れるまで時間がかかるのも老眼の特徴です。

これは若いころはすぐにピントが合うのに比べて、年齢を重ねていくと目の働きが弱くなるためピントが合いにくくなります。若い人に比べると目が暗い場所に慣れて物が見えるようになるまで時間がかかるというわけです。

目の働きだけでなく、私たちの体でも同じことが言えるのでイメージしやすいのではないでしょうか。毎日鍛えていたとしても、年齢を重ねるごとに体は徐々に衰えているのが現状なのです。

残念なことに、暗い景色に目が慣れてきたとしても、その様子は若いころと同じように見えているわけではないことも分かっています。老眼の特徴のひとつとして、一度進行してしまうと症状が完治することはないといういことです。

目の中の様々な部位の働きが衰えてしまうため、見えるようになるまで時間がかかり、目が慣れてきたあともこれまでと同じように見えるわけではない状況にがっかりする方も少なくありません。

その原因ですが、目の中の黒い部分、瞳孔が老化に伴って開きにくくなっているためです。細かい話になりますが、生まれてすぐのころは2ミリ程度あった瞳孔が、大人になると4~6ミリまで大きくなります。

ところが、さらに年を重ねて老眼の症状が進んでいくと、また2ミリ程度に戻ってしまうのです。そのため、若いころと比較すると暗いところで物が見えにくく感じてしまいます。

 

老眼に快適な照明環境は

老眼に快適な照明環境は

暗いところで見えにくいと感じながら過ごしていると、さらに老眼が進行します。目に大きなストレスがかかってしまうため、そのストレスが目の働きに関係する細胞に疲労を蓄積させてしまうからです。

そうなる前に、毎日暮らす環境を見直してみましょう。家の中の照明環境を整えるだけでも老眼予防に繋がるのでぜひ取り入れてみてください。

まずは部屋の照明を明るくしましょう。それから補助的な役割として、例えば寝室のベッドのそばには電気スタンドを置いたり、リビングなどでも雑誌や本を読む機会が多い場合は間接照明を置くようにしてください。

暗く感じたまま文字を読むと、それだけ目に負担がかかり老化を速めてしまうので、部屋の照明を明るいものに変えることと、上手に間接照明を置くこと、この二つだけでも暮らしやすいと感じるはずです。

ただし、高齢になればなるほど白内障を発症する可能性が高くなります。この白内障というのは、光を眩しく感じてしまうことがあります。こうなると部屋の照明が明るすぎると眩しくて辛いと思うようになります。だからと言って照明の明るさを暗くしたのでは意味がありません。

おすすめしたいのは赤みがかった色の照明です。青い色に比べて赤い色は水晶体を通過しやすいことが分かっています。青より赤い明かりが光を多く取り入れやすい状況を生み明日ので、例えば電球のようなオレンジ色に見える柔らかい色の照明に替えてみてください。

それから本を読むときのコツとして、電子書籍をおすすめします。最新機器を使って文字を読むなんて逆効果と思うかもしれませんが、長時間見続けるようなことがなければ問題はありません。電気書籍なら自分が読みやすいように文字を大きくすることができます。

極端な話をすれば老眼鏡をかけなくても文字が読めるというわけです。電子書籍ですから、一度購入すればスマホだけでなくパソコンやiPadなどに取り入れて読むことも出来るので、場所を問わず読書を楽しめます。

手軽におすすめしたいのが虫眼鏡

あと手軽におすすめしたいのが虫眼鏡です。老眼の予防として使うのはルーペと呼ばれるものですが、一般的にルーペを使う場合は老眼鏡と併用することが多いです。

明かりが暗いと見えにくいので、通常のルーペよりも人気があるのはドイツのエッシェンバッハ光学のルーペです。文字を読みやすいような工夫がたくさんあり、例えば手に持って使う一般的なルーペから、スタンドのように机に置いて使うタイプもあります。一般的なルーペに比べると少し値段がはりますが、毎日の暮らしが快適に暮らせることを考えると、値段以上のメリットがあると答える人が増えています。

ドイツのメーカーですが日本でも東急ハンズ、キクチメガネさんなどで取り扱っているようです。もしも関心があるようでしたら、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した方法はすべて、病院で治療したり手術をするようなことはありません。身の回りの環境を整えることで過ごしやすい生活を送ることが出来ますから、この機会に自分に合う方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

▼効果と価格を比較しながら、しっかり老眼サプリを選びたい時▼ 老眼サプリおすすめランキング

>>おすすめランキングはこちらから確認できます!<<

❏こちらの記事も人気があります♪

老眼サプリ 1

スマホを使い始めたころから急に老眼が気になり始めました。 年齢的にはまだ30代になったばかりなので、さすがに老眼ではないだろうと思っていたものの、スマホを少し離して見たところ見やすいと感じました。 実 ...

2

とうとう自分にもやってきたか、とスマホを見るときに離さないと見えにくくなった現状に大きなショックを受けました。 まだ30歳になったばかりでしたが、スマホ老眼がテレビで話題になっていたので、もしかしたら ...

ピント調節をサポートしてくれる「えんきん(ファンケル)」 3

目のかすみはピンボケで物が見えにくくなるのは年のせいだけでなく、日ごろから目を酷使している人なら悩んでいることではないでしょうか。 私もその一人で、仕事でパソコンを使うことが多いため、目の不調を感じる ...

「北の国から届いたブルーベリー」のたっぷりブルーベリーエキスで老眼対策 4

老眼は小さい文字が見えにくくなることと分かっていましたが、私が最初に目の異変に気付いたのは、光がまぶしいと感じたことです。 スマホやパソコンを使いすぎたせいだと思ってたのですが、それからしばらくすると ...

ハッキリくっきり視界に戻すため始めたロート製薬の「ロートV5粒」 5

物が見えにくくなる年代になったんだなあと痛感し始めた40代。 視力が悪くなったわけでもないのに視界がボンヤリするのは生活するにも仕事をするにも困ることが増えて、ほとほと参りました。 とりあえず疲れ目用 ...

-コラム

Copyright© 老眼予防サプリメントおすすめランキングベスト10|効果と価格で徹底比較 , 2020 All Rights Reserved.